訴訟

香川県のインターネット・ゲーム依存症対策条例が基本的人権侵害として提訴される 法令

香川県のインターネット・ゲーム依存症対策条例が基本的人権侵害として提訴される

香川県で4月に施行された子どものインターネット・ゲーム依存症対策条例は基本的人権を侵害して違憲だとして、高松市の男子高校生(17)と母親が県に154万円の賠償を求め、高松地裁に提訴することが14日、分かった。 … 香川県は「提訴の情報が来ておらず、よく分からない」としている。 香川県ゲーム条例は違憲…